キーンベック病(月状骨軟化症) 治療

症状、年齢、変形の進み方によって治療法が異なります。保存療法として、手首を安静に保つためにギプスや装具による治療が行われます。手術療法が行われることがあります。

キーンベック病(月状骨軟化症), 手外科, 手の外科, 整形外科, エクオール, 原田病院, 手外科センター, 社会医療法人東明会, 柏Handクリニック, 名戸ヶ谷あびこ病院, 入間市, 所沢市, 豊岡, 飯能市, 名戸ヶ谷, 千葉徳洲会病院, 柏たなか, 日本手外科学会

橈骨短縮骨切り術
(手術法の一例)

キーンベック病(月状骨軟化症) 症状

キーンベック病(月状骨軟化症) 原因・病態

キーンベック病(月状骨軟化症) 診断

キーンベック病(月状骨軟化症) 治療

キーンベック病(月状骨軟化症)

原田病院手外科センター

原田病院手外科センター(ホームページ)

Twitter(原田病院手外科センター)

Facebook(原田病院手外科センター)

目次

手の外科の館ホーム